96ryuji Tumblr
「春雨とまるゆ」/「AZL」の作品 [pixiv] #pixitail
「まるゆさん小休止」/「3N」の作品 [pixiv] #pixitail
「良くないよ、北上さま」/「zouzu」の作品 [pixiv] #pixitail
「夏イベ」/「高饅」の作品 [pixiv] #pixitail
「いろいろないっこうせん」/「Orange-Bird」の作品 [pixiv] #pixitail
「山ガール」/「とらつぐみ」の作品 [pixiv] #pixitail
子どもが真似したらどうするんですか?!ってキレる親いるけどお前が叱るんだよ…って思う
Twitter / tapi_a9 (via june29)

1935年のある日、ドイツ帝国のヒトラーはかんかんになって怒っていた。ヒトラーの手には、発刊されたばかりの小さな本が握りしめられていた。この172ページばかりの本にはなんとドイツ軍の軍令系統、復活した参謀本部の構成員名、ごく最近編成されたばかりの機械化師団の特殊部隊の存在、さらには168名の陸軍司令官の氏名と経歴が詳細に暴露されていたからである。

 ヒトラーは情報担当のニコライ大佐を呼びつけてこう言った。

「どうすれば、こうも沢山のドイツ軍最高司令部の情報が、たった1人の人間にわかるのかね?」。

 この本の著者は、ベルトールド・ヤコブというジャーナリストでロンドンに住んでいた。ニコライ大佐は、漏れるはずのない最高軍事機密がなぜ外部に流出したかを調査するためにベーゼマンという秘密工作員にヤコブの捕縛を命じた。

 命令を受けたベーゼマンは、捕縛のために手の込んだ仕掛けを考えた。彼は亡命者になりすまして、ドイツ国境に近いスイス領バーゼルに本屋という触れ込みで店をはり、そこでナチス・ドイツから追放された連中と親交を結んで彼等に自分を信用させた。その上で、ロンドンにいるヤコブに連絡し、新しい本の著述の依頼をしたいとスイスに招待したのだ。

 ベーゼマンはバーゼルに着いたヤコブ夫妻を出迎えた。ヤコブ夫人をホテルに送りとどけてから、商談のためにヤコブ一人としゃれたレストランでランチをとった。ベーゼマンは、ヤコブの隙をみて、飲物に睡眠薬を入れてヤコブを眠らせ、酒に酔ったようにして、待機していた車に押し込みまんまと誘拐に成功したのだ。

 ベルリンに連行されたヤコブは,ゲシュタポ本部の2階の部屋につれていかれた。そこで待っていたのは、ニコライ大佐を長とする特別調査委員会であった。

 ニコライ大佐は質問した。

「ヤコブ君、白状したまえ。とてつもない君の本のネタはどこから出たのかね?」。

 ヤコブは、答えた。

「この私の本に出ているものはみな、ドイツの新聞に載った報道記事に基づくものです。ハーゼ少将が第17師団司令官でヌーレンベルグに駐在するというくだりは、ヌーレンベルグの新聞の死亡記事欄から得た情報です。この記事に、最近第17師団司令官として少将が当地に赴任し会葬に参列したと出ていたのです」

「次にウルムで発行されている新聞のおめでた欄にビーロウ大佐令嬢とシュテンメルマン少佐の結婚が報ぜられていました。この記事によれば、ビーロウは第25師団の第36連隊長で、シュテンメルマン少佐は師団の通信将校と出ています。さらにシャラー少将が結婚式に列席していますが、記事には、同少将は師団長で師団本部の所在地シュツットガルトからやってきたとあります。」

 ヒトラーに対して行ったニコライの調査報告によれば、

「閣下、ヤコブの共犯者としては、実はわが国の軍事出版物と日刊新聞以外にはありません。彼は新聞の死亡欄や結婚欄などから見つけた情報をスクラップして、立派な戦闘情報を作っていたのです。」

第24回:断片から全貌をつかむ:「知恵の戦い」ファラゴー

まさにtumblr

(via petapeta) 2009-06-14 (via gkojay) (via dominion525) (via gutarin) (via shinoddddd) (via 1oyenmanzyu) (via aokie) (via pipco) (via fukumatsu) (via zenrahanra)

(via:asada-santohei) (via no-where—now-here)

鬼女板が本気だせばこれぐらい余裕

(via ona) (via petapeta)

(via petapeta) (via nyasuug) (via aki373)

(via 85kg)

(via t-isawa)

情報戦の基本。

(via cardboard-box) (via bochinohito) (via fortyniner045) (via volnay007) (via yellowblog) (via hzmnryk)

(via nise3kawan)

1960年代から80年代にかけて英国の研究者が旧ユーゴスラビアで行った追跡調査では、性格と死亡率には明らかに関係があった」(奥村教授)という。目的意識を持ち、それが達せられないときに自分が全部背負ってしまうまじめな人は、いちばん死亡率が高かった。

 うまくいかないと他人のせいにする人や、さっさと別のことに乗り換える移り気な人は、逆に死亡率が低い。この実験では、まじめな人に対して「うまくいかなくてもそんなに気にするな」と考え方を変える訓練をしたら、長生きすることもわかった。

従業員がいっぺんに辞表を出してきた場合どのように対処すればよいのでしょうか?損害賠償の訴えをするというのは逆効果になってしまうのでしょうか?

———————————————

この段階で、損害賠償の訴えは逆効果だと思われます。

退職は2週間前に申し出れば出来る権利があります。単にみなの退職の時期が重なったということであれば、向こうに非はないことになります。

まず、退職の原因は何でしょうか?

個人個人に話を聞いて、退職の原因を調査し、取り除くことの出来る原因であれば、対処をしましょう。待遇の改善を申し出るのもいいと思います。一人でも多くの人に残ってもらえるように鋭意お願いしてみましょう。辞表は2週間以上前に出さなければならないので、まだ時間はあります。

取り敢えずは、どんな形であれ少しでも会社が運営できるような形になるように努力しましょう。

単にみなの退職の時期が重なったということであれば、今すぐに全員がやめなければならないことは無いはずなので、会社が立ち行かなくなってしまうので新規社員を雇用するための時期が欲しいから少しでも退職時期を延ばして欲しいとお願いしましょう。

それでも、みなの退職の意思が固ければ、退職を食い止めることは出来ません。

しかしその際は、集団でやめるという行為が明らかに営業妨害になること、それを理解できる立場に皆がいること、営業妨害になるので集団でやめるという行為をやめて欲しいというお願いをしたこと、これ等にも関わらず、やめるということは懲戒解雇に値するということで、全員の退職金の支払いはできないことを伝えましょう。(裁判でそのような判例が出ています。集団退職による営業妨害行為を理由とする懲戒解雇は有効であるとして,退職金請求を認めなかった例 アイビーエス石井スポーツ事件 大阪地判 平成17年11月4日)

さらに、退職原因に、集団で新規に起業することや、集団で同業他社に移るということであれば、違法性が高くなりますので、裁判でも勝てる可能性が高いです。

そのような事態であれば、違法行為であるとして皆にやめるように、もし違法行為を犯すなら裁判に訴えるなどどいう話をしても良いでしょう。

http://www.e-somu.com/faq.asp?lv=co&CI=1259

まずは、会社がこれまでどおり運営できるようにするのが、一番いいのでなるべく穏便な方法で解決するのが良いと思います。

直接話をすると波風が立つようでしたら、中立的な立場の社外の方(弁護士など)に間に入ってもらうのが良いかもしれません。